茨城県で名を馳せる金融機関
もっと便利な筑波銀行
筑波銀行と復興支援

2011年の東日本大震災では甚大な被害があり、茨城県も例外ではありませんでした。茨城県は福島の南に位置しているため広範囲に渡って被害があったのです。そういった天災が起きた際、金融機関が及ぼす影響は計り知れません。

復興には何かとお金がかかり、個人の資産や国の援助だけでは足りないのが現状です。そこで筑波銀行は復興支援プロジェクト「あゆみ」を立ち上げ、金融仲介機能やコンサルティング機能をいかして主に金銭的な面で復興支援をおこなっています。

寄付金を都合して、街を盛り上げて経済効果を図るためのスポーツ大会やお祭りの企画運営に携わり、震災で被害を受けた被災者向けのローンを用意しました。こういった役割は主にその土地の地方銀行に与えられた使命であり、近隣の金融機関とも連携して幅広いサポートをおこなっています。

天災などが起きたとき、どうしても地方自治体や国の支援ばかりがクローズアップされていますが、もともと地方の経済発展のために存在している地方銀行のほうがきめ細かいサポートに向いているのです。地方の経済状況をよく知っていて、顧客のほとんどが地元にいるのでお金を回すことができるためです。

筑波銀行では2011年夏から定期的に復興支援のキャンペーンをおこなっています。しかし基本的には普通の特別金利やお得商品に対する顧客の呼び込みの側面が強く、単なる銀行の営業と捉える人もいます。

しかしながらそうやって筑波銀行自ら資金を集め、その資金を地元住民への融資や寄付金という形で還元するというのが狙いなのです。経済はお金が回らないとどうにもならないため、そういうときこそ地方銀行を利用して銀行の預金額を増やすことが大切です。復興活動の甲斐もあって茨城県は少しずつ復活しています。

 
 
 
もっと便利な筑波銀行
  • 筑波銀行の商品
  • 筑波銀行のなりたち
  • 筑波銀行の保険
  • 筑波銀行の法人向け商品
  • 筑波銀行ならではのサービス
  • 筑波銀行と復興支援
  •  
    常陽銀行の便利な商品
  • 茨城県の常陽銀行
  • 常陽銀行で貯める
  • 常陽銀行で増やす
  • 常陽銀行で借りる
  • 常陽銀行の便利機能
  • もっとお得に常陽銀行
  •  
     
     
    © 2014 茨城県で名を馳せる金融機関